胸の成長を妨げる状態や行動3選!改善して胸を成長させる!

骨の歪みが胸の成長に影響!?

骨の歪み、特に鎖骨や肩甲骨が歪んでいると胸にとって良くありません。これらが歪んでいると同時に筋肉のこわばりを発生させ、血流が悪くなってしまいます。すると胸の成長に必要不可欠な乳腺にも悪影響を及ぼすという流れです。正しい姿勢を毎日心がけるのはもちろん、ストレッチや整体に通えば矯正できるので歪んでいる方は対策したいですね。猫背の方は特に注意が必要で、猫背は骨が歪んでいる証拠とも言えます。対策はお早めに!

睡眠不足が胸の成長に影響!

睡眠不足は胸の成長を考える上で避けなければいけません。睡眠は細胞を修復すると共に成長させる時間でもあります。成長期になると身長がグンと伸びますが、これも成長ホルモンが大量に分泌されることによるものです。身長だけでなく、成長ホルモンは胸も成長させます。つまり、適切な睡眠をとらないことで成長ホルモンの恩恵を受けることができず胸が成長しないのです。毎日の寝る時間を適切に確保するか否かで大きな違いが生じてきます。

適当なブラジャー選択や付け方はNG!

ブラジャーは、バストの保護などの役割があります。なので少しでも胸を大きく見せようとサイズの合わないブラジャーを着用するなど間違った行動をとるのはNGです。きちんと保護しないと胸のバランスが崩れるからです。また、胸はほとんど脂肪なので、肉を寄せてブラジャーをする習慣をつけると次第に胸が大きくなる可能性があります。ブラジャーを付ける際は肉を寄せた方が好ましいです。睡眠時でも胸の成長を意識するのであれば付けたままの方が好ましいですね。

胸を大きくするためにもっとも重要な時期がいわずもがな成長期です。規則正しい食事はもちろんのこと、特に睡眠時間は、夜の10時から深夜の2時の間はしっかりと寝ることが大事です。